古事記や万葉集には日本人古来の無垢な民族的発想が満載!

日本の神話文学に記されている古代日本人の性の考え方と物語

日本の記述文学は神話文学の『古事記』や民族詩集の『万葉集』が成立した八世紀にはじまる。語り継がれ歌い継がれた神話や伝説や民謡を、文字を手に入れた貴族や官僚が文学化したのである。それだけに八世紀の古代文学は、外来のイデオロギーに汚染されない、無垢な民族的発想が充満しており、かつ青春期の民族の奔放な情感にいうどられている。

二世紀の弥生文化後期には、大陸から渡ってきた水田農業が、九州をへてほぼ全国化しており、青銅・鉄器の使用もはじまるという、まことに革命的な生産手段が普及するに至っている。ここで注目すべき点は、日本に限らないのだが、農業の担当者が女性であったという事実である。兄の海幸彦は釣針を、弟の山幸彦は弓矢を得手としたという神話が物語っているように、戦はもとより腕力の必要な危険のともなう狩猟や漁獲は男の仕事、つまり男はオカズの係りであった。それに対してデリケートな植物の育生は女性向きであったから、神話における食物の神々はすべて女神である。

『日本書紀』に見える保食神(五穀の管理者)ことオオゲツ比売は、天照大神の命を受けて葦原の中つ国(日本国)に下りてきた月夜見尊に、鼻、口、尻から取り出した食物を奉ったので打ち殺されたら、その屍体から五穀が生じたという。せめて陰からならともかく、尻から取り出したのでは、打ち殺されても仕方がない。その比売の屍体から生じた五穀や蚕を見て、「これこそ民の食らいて生くべきものなり」と喜んだ女神の天照大神は、村長を定めて栽培せしめられた、ということになっている。食物の神がすべて女神であったという神話は、農作にしたがう百姓の主力が女性であったことを意味する。
福岡は住みやすさも抜群ですが、観光にもピッタリのところですよ。太宰府や小倉城など、見どころ満載ですし、福岡 風俗に行くのも絶対に良い思い出となるはずです。


新着情報
2014/12/28 Recommendを更新しました。
2014/12/24 新着記事を更新しました。
2014/12/23 一方的な通い婚を更新しました。
2014/12/20 大っぴらに恋愛を更新しました。
2014/12/18 実感的親は母親を更新しました。
2014/12/16 農産物が貨幣を更新しました。
2014/12/15 日本の神話文学に記されている古代日本人の性の考え方と物語を更新しました。
2014/12/12 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
まいど風俗ネット熟れせんフードルTV
大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!関東の人妻風俗情報、ホテヘル、デリヘル検索なら熟れせん!関西一円のお得な風俗情報や風俗嬢を、動画や写真・漫画等で探せるサイトです。